ミャンマーの奨学金

ミャンマー・奨学金

-「これからの農村・ミャンマー社会を担う若者を」-

軍事政権も終わり民主化の前進に伴い、経済発展を目指すミャンマー。
9割が農民とされる農村では、貧しさゆえに、優秀でありながら高校へ行くことが出来ない難しい状況にあります。
将来の道を開くべく日々勉強に励む、高校生を支援する奨学金です。

寮生への支援 ②寮運営への支援 通学生への支援 の3つがあります。

①寮生への支援:タンボジ奨学金、②寮運営への支援:タンボジサポーター(New)

タンボジセンター付属の寮に入り、学校に通いながら有機農業を実践し、学ぶ子どもたちの生活を支えます。特定の奨学生を支援する「タンボジ奨学金」に加え、新たに、自立を目指す寮運営のご支援をいただける「タンボジサポーター」の制度をつくりました。

 

 

 

③通学生への支援:ミャンマー地球市民奨学金

自宅から高校への進学を希望する子どもたちへ奨学金を支給します。

 タンボジサポーターとは?

地球市民の会の奨学金事業では、遠く離れたアジアの子どもたちと「心の交流」を進めるため、手紙のやりとりを続けてきました。
一方で、「時間がなくて手紙が書けない」「アジアの子どもたちの支援はしたい」という声も寄せられています。
何かと忙しい世の中。手紙を書けないことが、さとおやさんのプレッシャーにならないようにと、
タンボジ寮生をご支援いただく仕組みとして、新たに「タンボジサポーター」制度を設けました。
現在、タンボジセンターで採れた農作物は、最大都市ヤンゴンにあるグリーンヒルへと輸送。売上を基に運営し、センターの自立を目指しています。
ぜひともご協力をよろしくお願いします。

支援内容(2018年3月現在)

 

寮生への支援 ②寮運営への支援

通学生への支援 

 ご支援先

ミャンマー・シャン州

 タンボジ農業畜産研修センター

付属の寮で学ぶ寮生

自宅から高校に通う通学生

 ご支援期間

9年生~10年生の2年間(14才~15才) 

さとおや会費

月1,000円~10,000円

お好きな金額をお選びいただけます

月2,000円

ご支援の体制

複数のさとおやさんで、

1人の寮生の生活を支えます

1対1でのご支援です

ご入金方法

①クレジットにて(月払い・年払い)
②ゆうちょ銀行お引き落としにて(月払い・年払い・ご一括)
③ゆうちょ銀行・佐賀銀行お振込みにて(年払い・ご一括)

④現金(当会事務所)・書留にて

※クレジット等で海外からのご支援も可能です。詳しくはお問合せください。
※当会は国税庁に認められた認定NPO法人です。いただいた会費は寄付控除の対象となります。

 

さとおやさんのお申し込みはこちら(『こどもたちのさとおやになる』よりお進みください)

さとおやの皆さんには・・・

・ネットワークテラ(当会メルマガ)、さとおや通信等で、子どもたちの様子をお届けします

・子どもとの文通で心の交流を図ります

・さとおや交流会を開催し、里親さん同士の交流・留学生との交流等を図ります

・ミャンマーツアー等で、子どもたちとの出会いの場をつくります

シャン州はどんなところ?

約90%が農業で生計を立てている農村地域で、年収は4~6万円程度です。
ミャンマーでは、小・中学校の義務教育化により、初等教育の普及は進みつつありますが、高校に関しては、経済的・物理的な理由から進学率は30%程度に留まっています。
シャン州でも、学校数が不足しており、高校は30~40村で、1校程度しかありません。
学費が無料であっても、学用品代や試験代等が払えなかったり、家族が出稼ぎに出ており、働き手とならなければならない子どもたちもいます。

 

 タンボジ寮生動画

2017年在籍の子どもたちによるダンス動画です

2015年7月22日付 佐賀新聞 有明抄に取り上げていただきました!

 

(C)認定NPO法人 地球市民の会.All Rights Reserved.